topline
topm1-5

これまでの広告展開は、多大な費用をかけて多くの人に届ける マスマーケティングが主流でしたが、

Youtubeなどをはじめとした動画ポータルサイト、 FacebookやLINEなどのソーシャルメディアの台頭にともない、

プロモーションコンテンツへの接触の仕方が大く変化しました。

こうしたプラットフォームを積極的に取り入れ活用することにより、 大衆的なアプローチに加え、

特定のカテゴリの層へピンポイントに 直接コンテンツを届けることができるようになりました。

その中で、スマートフォンなどの普及により視聴環境に大きな変化が起き、

特にエンターテイメントの王道である『映像』の分野にその波が押し寄せ、 動画コンテンツは、

よりパーソナルに楽しまれる時代に突入しました。 クチコミを起こしやすい『動画マーケティング』を用いることで、

これまでにない形での露出やリーチが生まれ、高い費用対効果が望めます。